株式会社大晶の会社情報、口コミ、評判

特徴

  • 従業員30人以上
  • 創業10年以上
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • ブロック塀撤去対応

総合

3.5

応対マナー
4.0
追加費用
4.0
工事品質
4.0
工期順守
4.0
近隣配慮
4.0

各項目について

各項目は、実際に工事会社で工事を行ったお客様の評価の平均値が表示されています。

応対マナー
言葉遣いや身だしなみに対する評価です。
追加費用
契約後の追加費用の有無や納得度に対する評価です。
工事品質
工事の仕上がりや工事範囲に対する評価です。
工期順守
工期順守や変更時の納得度に対する評価です。
近隣配慮
挨拶や清掃といった近隣配慮に対する評価です。
社名株式会社大晶
所在地熊本県合志市福原3122-10
代表者名星山 哲三
営業日・時間月~土曜日 8:00~17:00
電話番号096-248-7300
資本金1,000万円
設立年月日1999年01月01日
従業員数70名

アピールポイント

解体工事からリサイクルまで一貫したシステムで安さを実現

当社では、解体工事から発生する木くず等の廃棄物を受け入れ、それを加工処理、再資源 化し、それらを燃料としたバイオマス発電を行っています。 発生した電気は、工場内の機械設備の動力、照明、空調等に利用し、余剰電力は九州電力 に販売するという一貫したリサイクルシステムを確立しています。 また、金属くず、がれき類等の廃棄物に関しても、グループ会社にて処理・リサイクルを 行っています。 このように、安心し信頼できる再資源化処理、そして再資源化したものを再利用すること により、安さを実現することができるのです。

マニフェストの提出

住宅の解体工事等により発生した産業廃棄物が、排出業者(お客様)から最終処理業者ま できちんと処理されているかどうか把握するための書類がマニフェスト(産業廃棄物管理票)です。
これは、不法投棄や不適切な処理を未然に防ぐ目的で、委託したとおりに解体廃棄物が処 理されているかどうか確認することができます。
当社は徹底したマニフェスト管理を行い、環境保全とお客様への安心を心がけています。

安全第一

事故や災害が起きないよう安全を第一に考えています。
解体工事現場の巡回・監視、従業員への安全教育の徹底に努めています。
近隣の方へ迷惑をかけない様に、防音シートによる騒音対策、防塵シートによる防塵対策等を図っています。

口コミ一覧
4
口コミ

K.S様(熊本県熊本市)

評価
4.0

連絡、現場確認、お見積りいただきました。お断りのメールにも丁寧な返信いただいたのが印象に残ってます。

口コミ

T.B様(熊本県熊本市)

評価
5.0

株)大晶さんの担当の方は、だいぶご迷惑おかけしましたが、とても親切丁寧に対応していただきました。 大晶さんを紹介頂いて感謝しております。

口コミ

K.S様(熊本県熊本市)

評価
3.0

工事内容を考えるとコストパフォーマンスが他社に比べて低い。

口コミ

K.A様(熊本県合志市)

評価
3.0

「追加費用などが発生した場合ちゃんと支払うので、工期だけはしっかり守って下さい」と再三お伝えしていたが、結局工期が間に合わなかった。
結果、ハウスメーカーの営業・設計・現場監督を招いた完了確認日が、経過確認日となってしまった。
それでも☆3評価をつけたのは、解体企業の営業担当がこちらのクレームを真摯に受け止め、遅れてしまった我が家の解体工事を最優先で進めてくれた為。

国内最大級

  • 月間サイト訪問者数20万ユーザー
  • 登録解体工事会社1,500社以上
顧客満足度96.7%
平均費用削減率18.4%
工事契約実績10,000件

※各数値等の定義についてはをご覧ください。

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

大切にします、プライバシー
MSA、ISMS

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載