寺井工業の会社情報、口コミ、評判

特徴

  • 工事前の近隣挨拶を必ず実施
  • 法定以上のガードマン配置
  • 創業10年以上
  • 保険に必ず加入
  • 木造対応可
  • 鉄骨造対応可
  • 火災物件対応可
  • 不用品撤去対応可
  • アスベスト含有建材撤去対応可
  • ブロック塀撤去対応可
  • 5年以上無事故
  • 10年以上無事故
  • 翌営業日までに連絡

総合

3.7

応対マナー
5.0
追加費用
5.0
工事品質
5.0
工期順守
5.0
近隣配慮
5.0

各項目について

各項目は、実際に工事会社で工事を行ったお客様の評価の平均値が表示されています。

応対マナー
言葉遣いや身だしなみに対する評価です。
追加費用
契約後の追加費用の有無や納得度に対する評価です。
工事品質
工事の仕上がりや工事範囲に対する評価です。
工期順守
工期順守や変更時の納得度に対する評価です。
近隣配慮
挨拶や清掃といった近隣配慮に対する評価です。
社名寺井工業
所在地京都府京都市右京区梅津中村町30-2
代表者名寺井周史
営業日・時間月曜日~土曜日  09:00~18:00
電話番号075-881-2626
資本金0万円
設立年月日2002年09月01日
従業員数3名
保有重機
  • バックホウ0,1m3クラス 1台
  • 2tダンプ 2台
  • 3tダンンプ 1台

アピールポイント

建物解体工事一式お任せください

京都府京都市に拠点を構える寺井工業は、京都府一円での各種解体工事を請け負っております。
戸建て住宅やアパート・店舗・マンション・高層ビルなど低~高層まで幅広い建物に対応しています。
現場状況によっては警備員を配置するなどの安全性の確保やご負担の軽減を徹底し、みなさまに安心していただける施工をご提供します。
当社には解体工事に熟練の作業員が多く在籍しております。工事の際、近隣のみなさまへのご負担を最小限に抑えます。入念な事前調査をもとに工事計画を策定しますので、安心してお任せください。

内装解体工事もお任せください

内装の解体は、主にテナントなどの賃貸物件において、退去時に行なうことが多い工事です。建物内で限られた空間の内装のみを解体し、入居時の状態を復元します。弊社は原状回復工事のほか、コンクリート打ちっぱなしの状態まで戻すスケルトン工事にも対応しております。
内装解体工事は、ほかの入居者の方や建物のオーナーさまなど、さまざまな方々にも影響がある作業です。みなさまにとってご負担が少しでも少なくなるよう、ベテランの技術者がスムーズな施工を実現いたします。

建物を壊して終わりではございません

解体工事は、建物を壊せば終わりというものではありません。現場では木材や鋼材など、さまざまな材質の破片・塊が大量に発生します。これらは「産業廃棄物」と呼ばれ、「廃棄物処理法」にもとづき適正に処理しなければなりません。
弊社は京都府より認可を受けた産業廃棄物の収集運搬業者として、現場で発生する各種廃棄物の処理も行なっております。20種類以上の項目ごとに廃棄物を分別し、それぞれ適切な処理場へと運搬します。循環型社会の実現に向け、責任感をもって業務に取り組んでおります。

口コミ一覧
3

T.T様(京都府亀岡市)

評価
4.5

スピーディーでよかった!! 早く終わりすぎたのでちょっと心配は残ったがそこはプロの仕事なんだと思う

H.T様(京都府京都市)

評価
5.0

迅速でとても丁寧並びに適切なアドバイスを頂きました。

A.M様(京都府京都市)

評価
5.0

とても迅速に丁寧に対応から作業までしていただき感謝しております。

工事実例

国内最大級

  • 月間サイト訪問者数20万ユーザー
  • 登録解体工事会社1,500社以上
顧客満足度96.7%
平均費用削減率18.4%
工事契約実績10,000件

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載