1. HOME
  2. 解体工事のよくある質問
  3. 解体建物・廃棄物・素材
  4. アスベスト
  5. アスベストの撤去・除去に掛かる費用はいくらぐらいですか?

アスベストの撤去・除去に掛かる費用はいくらぐらいですか?

解体を検討している建物にアスベストが含まれているようです。アスベストを含む建物の解体は、一般的な解体工事よりかなり高額になってくると聞いたので今から不安なのですが、一般的にどれくらいかかるものでしょうか。費用を抑える方法などはあるのでしょうか。

アスベストが使われている部位と量によって異なりますが、20万円程度から数百万円程度となります。

屋根瓦(スレート瓦、コロニアル)に含まれる場合

屋根材にアスベストを含有する建材が使われている場合、撤去費用は30坪の二階建てで20万円程度(屋根の形状や面積によって異なります)となります。水や薬液で瓦を湿らせながら飛散が起こらないよう、丁寧に手作業にて瓦を剥がしていきます。剥がした瓦は密閉性の高い容器に梱包し処分施設に運搬します。比較的飛散性の低いレベル3として分類され撤去費用も低めです。

サイディング外壁材に含まれる場合

外壁にアスベストを含有する建材が使われている場合、撤去費用は30坪の二階建てで30〜40万円程度(建物の形状や複雑さによって異なります)です。瓦の場合と同様に外壁を湿らせながら、丁寧に取り外しを行っていきます。屋根に比べると取り外す面積も多くなるため、より割高になります。レベル3に分類されます。

保温材・断熱材・耐火被覆材として内壁や配管や柱に貼られている場合

ボイラーの配管や空調ダクトの保温材、建築物の柱、梁等にアスベストを含むボードやシートが貼り付けられている場合、除去費用は1㎡あたり1.0〜6.0万円程度(除去面積や除去面の形状によります)です。建物全体では数百万円という金額になることもあります。除去する際には、周囲を密閉し作業者も防護服を着用するなど、万全の態勢で作業をします。屋根や外壁と比べるとアスベストの濃度が高く飛散性も高いため、レベル2として分類されています。

柱や梁や天井に吹き付けられている場合

建物の柱や梁や天井に、石綿含有吹き付け材(アスベストとセメントの合材)が吹き付けられていた場合、除去費用は1㎡あたり1.5〜8.5万円程度(除去面積や除去面の形状によります)で、建物全体で数百万円という金額になることもあります。濃度が高く最も飛散性が高いため、レベル2以上の厳重な態勢で作業が行われます。アスベストのレベル1として分類されます。

補助金・助成金もうまく活用すること

以上のようにレベルによっては非常に高額になるアスベストの除去ですが、都道府県や市町村のの補助金が適用されることもあります。細かい条件は行政によって異なりますが、レベル1に該当する吹き付け式アスベスト分析調査除去には補助が出る場合がありますので、一度市役所に確認していただくと良いでしょう。

【重要】大気汚染防止法の改正について

口コミの良い解体工事会社に
無料一括見積依頼しませんか?

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00