1. HOME
  2. 解体工事お役立ち情報
  3. よく分かる!解体工事
  4. 建物解体工事に関する法律まとめ

建物解体工事に関する法律まとめ

建物解体工事に関する法律まとめ

解体工事に関する法律まとめ

建物解体工事は、環境に及ぼす影響や、事故の危険が伴う工事です。ですから、安全かつ適正に工事が進むように、法律での決まりも厳しく定められています。

しかし、ただでさえなじみのない業界ですから、いざ調べようと思っても難しい言葉ばかりが並んでいて、なかなか理解するのは難しいものです。

そこで、このトピックでは解体工事に関する法律の関係をザックリとご紹介したいと思います。

流れに分けて考えてみる

解体工事の流れを『家を壊す過程』と『廃材を処分する過程』という2つの過程に分けて考えてみましょう。

もっとも、私達が実際に目にするのは『家を壊す過程』のみですが、その後の流れなしには法律の全体像をお話しすることは出来ませんので、お付き合いください。

建物解体工事の法律

全体像はこのような図で表すことができます。

まずは『建築基準法』、『廃棄物処理法』という大きな法律があり、2つの法律の不足を『建設リサイクル法』が支えています。
そして、飛散性アスベストを含む建物の場合は、複数の法律で構成される『アスベスト対策関連法』が登場し、地域によっては『地域の条例』が存在します。

それでは、それぞれの法律では何を定めているのでしょうか?

それぞれの法律の概要

各法律に関する詳しい話はそれぞれのトピックで行いますので、ここでは概要をご紹介します。

○建築関連法
建築関連法というのは、建築行為全般に関する規則を定めた『建築基準法』や、各建設業種の業態を示した『建設業法』など、建築工事に関わる複数の法律の総称です。(建設関連法という法律があるわけではありません) その範囲は、新築、リフォーム、土地の造成など、広く及びますが、建物解体工事に対しても建築行為の一環として、『解体工事を行うための資格』や『事前の届出』などについて規制を設けています。

○廃棄物処理法(廃掃法)
廃棄物処理法(または廃掃法)は通称で、正式名称は『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』と言います。建築現場から出た廃材、工場からの廃棄物、医療廃棄物、家庭ごみ、といった『廃棄物全般にわたる処理の規則』や、『処理をするための資格』などが定められています。

○建設リサイクル法
建築基準法と廃棄物処理法の不足を補うものとして、2000年に制定された比較的新しい法律です。『解体工事を行うための資格』や『解体発注者に対する義務』などが定められています。

○アスベスト対策関連法
アスベスト対策関連法というのは、アスベストに関する法律をまとめた通称です。(実際にそういった名前の法律があるわけではありません) 労働安全衛生法や大気汚染防止法といったように、『環境への影響』、『労働者への配慮』といった様々な切り口から規則を設けています。

○地域の条例
地域によっては解体工事に関する条例が定められていることもあります。『解体工事前に、地域住民に対する説明会を設けないといけない』というように内容は様々です。

大切なのはポイントを絞って覚えることと、優良業者を選ぶこと

何となく概要は掴んでいただけたと思います。

別のトピックで各項目について解説をしていきますが、それでも全てを覚える必要はありません。

大切なのは、
『施主の義務など、重要なポイントを絞って覚えること』
『規則を守って工事を進めるような優良業者を選ぶこと』
の2つです。

是非しっかりと学んでいただき、法律に沿った工事を進められるようにしてくださいね。

この記事を書いた人

くらそうね運営

くらそうね運営

この作者の記事一覧

解体工事をお考えですか?
それなら…

  • 顧客満足度91.2%
  • 工事取扱高40憶円
  • ご相談件数50,000件以上

くらそうね解体

手配を手軽に、費用を安く!
解体工事の一括見積もりサービス

国内最大級!月間利用者数17万人以上!登録解体工事会社800社以上!
解体工事会社の見積もり比較サービス

無料一括見積もり

こちらの記事も読まれています

人気の記事

  1. コロナ禍の解体工事への影響による変化は?お得に解体するなら今!注意点は?
  2. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  3. アスベスト大気汚染防止法改正時の解体工事の影響はどうなるか?
  4. アスベストの有無を築年数・築何年かで判断できますか?
  5. アスベストの撤去・除去に掛かる費用はいくらぐらいですか?
  6. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  7. 空き家などの譲渡にかかる3,000万円控除の特例
  8. 空き家は売却した方がいい? 売却しやすくするポイントや注意点を解説
  9. 亡くなった両親(父・母)が住んでいた家を壊すことになりました。未相続なのですが解体は可能ですか?
  10. 解体工事の見積もり前に現場立会いを行うメリット
  11. 抵当権のついた建物・住宅を解体できますか?
  12. 隣家の外壁がない場合、補修費用も負担する必要がありますか?
  13. 木造古民家に使われている古材を買い取ってもらえるのでしょうか?
  14. 単独・合併浄化槽の汲み取り費用はどれくらいかかるのでしょうか?
  15. 「解体工事費用が他社と比べて80万円もお安くなりました!」 長崎県諫早市 木造住宅の解体工事 N様
  16. 工事前の近隣あいさつ文の書式は?
  17. 滅失登記の時期、方法、費用を教えてください。
  18. 解体工事をする際、登記等の手続きや申請にはどんなものがあるの?

地域の解体工事事情を見る

\ 解体工事は /
「くらそうね」に
お任せください!

  • コストダウン

    工事会社と直接契約で工事費用の
    コストダウンが可能!

  • 最良の工事会社

    相見積もりで最良の工事会社
    簡単に出会える!

  • サポート窓口

    分からないことを相談できる
    サポート窓口も有り!

解体工事について相談してみる