1. HOME
  2. 解体工事お役立ち情報
  3. よく分かる!解体工事
  4. 要確認!建物解体工事後の法手続き

要確認!建物解体工事後の法手続き

要確認!建物解体工事後の法手続き

要確認!建物解体工事後の法手続き

解体工事が終わると、ホッと一息つきたいところですね。しかしながら、解体工事後にも大切な作業があります。

それは、『解体工事会社から提出される報告書類の確認』です。

解体工事会社は『リサイクルした部材』と『廃棄処分をした部材』のそれぞれに関して、どのように処理がなされたかという書類を発行する義務があります。

今回は家屋取り壊し後の『書類確認のポイント』に関して解説していきます。

書類の確認1:再資源化報告書

解体工事会社は、リサイクルした部材に関して『建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)』において、次のような義務を定められています。

第十八条  対象建設工事の元請業者は、当該工事に係る特定建設資材廃棄物の再資源化等が完了したときは、主務省令で定めるところにより、その旨を当該工事の発注者に書面で報告するとともに、当該再資源化等の実施状況に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。
2  前項の規定による報告を受けた発注者は、同項に規定する再資源化等が適正に行われなかったと認めるときは、都道府県知事に対し、その旨を申告し、適当な措置をとるべきことを求めることができる。

ちょっとわかりづらいですね(笑)。

要約すると、

解体工事会社はリサイクルの結果を報告する書類を作成して、発注者に報告をしなくてはいけない。また、書類も保管しなくてはいけない。
発注者は、「ちゃんとリサイクルされてないな。」と気付いたときには、解体工事会社がしっかり手続きをするよう、知事に申告をできる。

ということになります。

何も言わなくとも解体工事会社は報告書類を提出してくれると思いますが、解体工事後には念のため、「再資源化報告書はいつもらえますか?」と聞きましょう。

書類の確認2:マニフェスト伝票

リサイクルをせずに『廃棄処分をした部材』に関しても、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)』において、次のような義務が定められています。

第十二条の三  その事業活動に伴い産業廃棄物を生ずる事業者(中間処理業者を含む。)は、その産業廃棄物(中間処理産業廃棄物を含む。第十二条の五第一項において同じ。)の運搬又は処分を他人に委託する場合(環境省令で定める場合を除く。)には、環境省令で定めるところにより、当該委託に係る産業廃棄物の引渡しと同時に当該産業廃棄物の運搬を受託した者(当該委託が産業廃棄物の処分のみに係るものである場合にあつては、その処分を受託した者)に対し、当該委託に係る産業廃棄物の種類及び数量、運搬又は処分を受託した者の氏名又は名称その他環境省令で定める事項を記載した産業廃棄物管理票(以下単に「管理票」という。)を交付しなければならない。
6  管理票交付者は、前三項又は第十二条の五第五項の規定による管理票の写しの送付を受けたときは、当該運搬又は処分が終了したことを当該管理票の写しにより確認し、かつ、当該管理票の写しを当該送付を受けた日から環境省令で定める期間保存しなければならない。

先程よりも更に分かりづらいですね(笑)。

要約すると、

解体工事会社は、廃棄処分する部材の種類・量・運搬車の名前等を記入した『マニフェスト伝票』という書類を発行しなくてはいけない。
解体工事会社は発行したマニフェスト伝票を一定期間(5年間)保管しないといけない。

ということになります。

マニフェスト伝票は7枚つづりの書類で、それぞれ各工程での処理方法が記されるようになっていますが、大切なのは一番最後のE票です。(7枚でもG表ではなくE票が最後です。)

こちらの書類に関しては、解体工事会社が施主に渡す義務はありませんが、確認のため『E票のコピー』をもらうようにしましょう。

罰則は無いものの、気持ちよい工事のために

解体工事後の手続きに関して、発注者に対しての罰則はありませんが、気持ちよく次の工事に移るためにも、2つの書類は必ずもらうようにしましょう。

この記事を書いた人

くらそうね運営

くらそうね運営

この作者の記事一覧

解体工事をお考えですか?
それなら…

  • 顧客満足度91.2%
  • 工事取扱高40憶円
  • ご相談件数50,000件以上

くらそうね解体

手配を手軽に、費用を安く!
解体工事の一括見積もりサービス

国内最大級!月間利用者数17万人以上!登録解体工事会社800社以上!
解体工事会社の見積もり比較サービス

【無料】見積もり開始

こちらの記事も読まれています

人気の記事

  1. コロナ禍の解体工事への影響による変化は?お得に解体するなら今!注意点は?
  2. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  3. アスベスト大気汚染防止法改正時の解体工事の影響はどうなるか?
  4. アスベストの有無を築年数・築何年かで判断できますか?
  5. アスベストの撤去・除去に掛かる費用はいくらぐらいですか?
  6. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  7. 空き家などの譲渡にかかる3,000万円控除の特例
  8. 空き家は売却した方がいい? 売却しやすくするポイントや注意点を解説
  9. 亡くなった両親(父・母)が住んでいた家を壊すことになりました。未相続なのですが解体は可能ですか?
  10. 解体工事の見積もり前に現場立会いを行うメリット
  11. 抵当権のついた建物・住宅を解体できますか?
  12. 隣家の外壁がない場合、補修費用も負担する必要がありますか?
  13. 木造古民家に使われている古材を買い取ってもらえるのでしょうか?
  14. 単独・合併浄化槽の汲み取り費用はどれくらいかかるのでしょうか?
  15. 「解体工事費用が他社と比べて80万円もお安くなりました!」 長崎県諫早市 木造住宅の解体工事 N様
  16. 工事前の近隣あいさつ文の書式は?
  17. 滅失登記の時期、方法、費用を教えてください。
  18. 解体工事をする際、登記等の手続きや申請にはどんなものがあるの?

地域の解体工事事情を見る

\ 解体工事は /
「くらそうね」に
お任せください!

  • コストダウン

    工事会社と直接契約で工事費用の
    コストダウンが可能!

  • 最良の工事会社

    相見積もりで最良の工事会社
    簡単に出会える!

  • サポート窓口

    分からないことを相談できる
    サポート窓口も有り!

AIの予想金額を見る・電話相談可