1. HOME
  2. 解体工事お役立ち情報
  3. よく分かる!解体工事
  4. 解体工事の見積もり前に現場立会いを行うメリット

解体工事の見積もり前に現場立会いを行うメリット

解体工事の見積もり前に現場立会いを行うメリット

 

解体工事会社に声をかけたら、担当者と解体工事の現場立会いを行います。30分程度みておけば問題なく、最後まで同席する必要はありません。

現地調査の立会いを行うメリットは2点あります。

1点目は、解体業者が安心して任せられる会社なのか?を口コミや会社情報だけでなくご自身で確認できること。2点目は解体する範囲の的確な指示や解体後の更地活用の説明ができること。建物の付帯物である浄化槽や土間などの処理やお庭周りの植栽やカーポートや隣家と共存しているブロック塀をどうするかなど、施主サイドで判断しないといけない宿題も分かりやすく教えてもらえます。また、解体後の状況に応じて整地の仕上げもアドバイスいただけます。予期せぬ地中埋設物の発見による追加料金の発生するケースも事前に確認可能なため納得できる選定が可能ですので時間が許す限りは実施した方が良いでしょう。

工事会社にとっても現場を見るということは解体の見積りを作る際に非常に重要な流れです。というのも、同じ大きさの家を壊す場合でも、『材質』、『道路幅』、『道路の管轄』、『作業スペース』、『近隣密集度』、『近隣施設』など、様々な条件で解体工事費用は大幅に変わってしまうからです。

それでは流れを見ていきましょう。

解体工事現場確認の流れ

家の大きさにもよりますが、解体工事会社が家の周りをぐるっと見回り、大きさや、電気・ガスの接続位置、近隣環境やアスベストの有無などをチェックします。そして、解体時の産業廃棄物を分別する作業スペースをどうするか、重機を搬入ルートをどうするか?通行量に応じガードマンや通行誘導を手配すべきかなども合わせて見ています。

基本的には建物内に入らず、家の周りで立会いを行いますが、家具・ごみなど残置物を解体工事会社に処分をお願いしたければ、家の中もチェックしてもらった方が良いでしょう。

他にも、解体に関する要望があれば、このときに解体担当者に伝えるのが良いと思います。また、不明点も聞いてもらって問題ありません。

現場での立会いは解体工事会社手動で進んでいきますが、ただボ~っと見ているのではなく、解体工事会社の身だしなみ、対応などをチェックしてください。(詳しくは【解体工事会社と初めて会うときに行うべき7つのチェック】)木造住宅の戸建てであれば大体、30分はかからず終わります。

遠方で一緒に立ち会えない場合は?

中には、自宅と解体現場が離れていて立ち会えないという方もいらっしゃると思います。そのような場合の方法としては、図面や建物の写真を事前に用意し送付しておくことと解体工事会社に現場から電話をしてもらい、分からないことの確認や、要望を連絡すると良いでしょう。別の建物を壊すといった最悪の事態は避けなければいけません。

何も無い場所で電話をかけて説明するよりは、業者が現場にいるときに「玄関の北側に植わっている木は残しておいてほしいです」と伝えたほうが遥かに分かりやすいと思います。最近ではオンラインテレビ会議の無料サービスであるLINEやZoomやGoogleMeat上で対応頂ける会社もありませ。

周囲に知られたくない場合は?

金額を見てから解体工事をするかどうかを決めたいので、周囲に知られたくないという方もいらっしゃることでしょう。そんな場合は次の方法のどちらかをされることをお勧めします。

1.遠くから勝手に見てもらう
ちょっと離れたところから見てもらうだけでも、道路や近隣の状況は確認ができますので、まったく見ないで見積りを作ってもらうよりはずっと良いです。解体工事会社と一緒に歩いていたら、ご近所からばれてしまいますが、解体工事会社が勝手に見ているだけであれば、どこの家かは分かりづらいと思います。

2.自分で写真・図面を用意して渡す
離れたところにも着てほしくない場合は、家の周りの状況を写真におさめ、建物図面と一緒に送るというのも良い方法です。写真は多ければ多いほど、状況を推測しやすくなりますので、自分の家だけでなく、隣家、外構、前面道路、曲がり角など、沢山おさめるようにしましょう。

この記事を書いた人

くらそうね運営

くらそうね運営

この作者の記事一覧

口コミの良い解体工事会社に
無料一括見積依頼しませんか?

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00