1. HOME
  2. 解体工事お役立ち情報
  3. よく分かる!解体工事
  4. 解体工事、「いずれやろう」はデメリットのみ

解体工事、「いずれやろう」はデメリットのみ

日本全国で急増している、空き家。祖父母・両親が住んでいた家や、実家がむかし営んでいた店舗など、「うちもあの空き家をいずれはどうにかしないと…」と思っている方も多いのではないでしょうか。
もちろん、その空き家を使ってくれる人がいるのならば、解体せずに長く大切に使ってあげるのがベスト。しかし、もう貸せもせず売れもせず、年々傷みが進んでいくだけの空き家なら、残された道は解体しかありません。

とはいえ、「もう少しお金が溜まったら…」「もうちょっとあとでもいいか…」と空き家をそのままにしていると、デメリットは増えていく一方なんです。

解体工事は、【解体を決めたらできるだけ早く】したほうが得策

放置すればするほど金銭的負担やデメリットが増えていくのが解体業界での常識となっています。
その大きな理由について、2つのポイントにしぼって解説してみたいと思います。

傷んだ空き家は様々な危険と隣り合わせ

長いこと放置されている空き家は傷みのスピードがとても早くなります。それによって雨漏りが発生し、そのせいでさらに腐食が進んでシロアリが棲みついたり、庭の草木が生い茂ることで害虫も大発生、それを目当てにカラスが集まるなど、様々な悪循環が生まれます。

他にも不法投棄場所のターゲットになったり、放火・火災の危険、路上生活者の不法侵入や犯罪場所に使われてしまうなど、思いつく限りでもたくさんの危険と隣り合わせになっています。
そのような建物がすぐ近くにある中で日々の生活をしていく近隣住民の皆さんにとっても、非常に不安です。

また、近年は気候変動のせいで夏には豪雨が降り続け、家屋はさらに大きなダメージを蓄積していきます。それによって屋根瓦が落下したり、窓ガラス・外壁が破損し、それらの破片が強風で吹き飛んで近隣の家を傷付けたり、通行人に怪我をさせてしまう可能性も充分に考えられます。
その場合は、そのような状態で建物を放置していた持ち主に当然ながら賠償責任が発生しますので、激しく傷んだ家の放置は大きなトラブルに発展していく危険性も持っています。

倒壊の危険がある建物は解体費用も高くなる!

長く放置され、様々なダメージを蓄積した建物は破損・倒壊などの危険が高まることに加え、もう一つ大きなデメリットがあります。

それは、【傷みの激しい建物は解体費用が高くなってしまうこと。

解体工事というのは、今は「建築リサイクル法」という法律があり、解体工事で排出された廃棄物を建材ごとに分別し、それぞれをリサイクルセンターや専用の処分場へ持っていくことが義務付けられています。

その法律が成立する前は、分別をせず全部ごちゃ混ぜにして壊してしまう方法で解体工事が行われていました。しかし、リユース・リサイクルに重点を置いている近年は、分別されていない廃棄物を処分するには費用が高くつくようになっています。

そこまで傷みが進んでいない建物なら分別しながらの解体が可能ですが、傷んだ建物は破損が激しいため、分別ができません。つまり、解体費用が高くなってしまうんです。

「家屋がこんなに傷んでしまう前に早く解体しておいたほうが結局安く済んだんだ…」というわけですね。

空き家放置には他にもデメリットがたくさん

傷んだ空き家を放置しておくと、多くの危険があることと、解体費用が高くなってしまうこと。その2点についてお伝えしてきました。

この他にも、解体工事を急いだほうがいい理由はたくさん存在します。
たとえ分別解体ができたとしても、今まで廃棄物処理を安く引き受けてくれていた国が受け入れを拒否し始めたり、国内の解体職人の激減による人件費上昇などの背景から、解体工事費用は年々高騰しています。

つまり、空き家を放置するメリットはもうひとつもない、と言えるのが今の状況です。

百害あって一利なし。解体を決めた建物をお持ちでしたら、すぐに解体工事会社に見積り依頼をしてみましょう。

お得なキャンペーンを使わない手はない!

壊すだけとはいえ、解体工事はやはり大きな買い物になります。もちろんコスパのいい工事会社に依頼することも大切ですが、せっかくの大きな買い物なら、キャンペーンを上手に使うのがオススメ。

いま【クラッソーネ】で解体工事を契約すると、最大10万円のAmazonギフト券をもらえるキャンペーンを行っています。例えば50万円~100万円未満の工事なら3,000円のギフト券がもらえます!

同じ工事会社にお願いするにしても、契約ルートが違うだけで優待内容がまったく変わってきますので、「少しでもお得に」ということならこのようなキャンペーンを積極的に使うのが大正解です。

この記事を書いた人

クラッソーネ運営

クラッソーネ運営

この作者の記事一覧

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00