1. HOME
  2. 解体工事お役立ち情報
  3. 解体工事会社の選び方
  4. 解体業者(解体工事会社)選びのポイントと注意したいトラブルの事例

解体業者(解体工事会社)選びのポイントと注意したいトラブルの事例

解体業者(解体工事会社)を選ぶポイントと注意したいトラブル事例をご紹介します。

信頼できる解体業者(解体工事会社)選びのポイント

必要な許可を保有している

解体業者(解体工事会社)が解体工事を行うために、建設業許可(解体工事業、建設一式、土木一式)もしくは、解体工事業登録が必要です。

なぜ2種類の許可があるかというと金額によって、必要な許可が異なるからです。

・500万円(税込)以上の解体工事は建設業許可の解体工事業
・500万円(税込)未満の解体工事は解体工事業登録

※建設業許可の建築一式、土木一式については建築工事や土木工事を請け負う中で解体工事が発生した場合、解体工事が可能となります。500万円(税込)以上の解体工事だと例外もありますので注意が必要です。

見積もりや契約内容が書面で明確に提示される

見積もりに詳細の工事内容や解体費用が記載されている、備考に追加費用や施主側の事前準備についてしっかりと明記されている解体業者(解体工事会社)が理想です。

中には工事内容や数量、単価が一式など、解体費用項目が曖昧に記載されているケースがあります。

工事範囲の認識のズレから追加費用を請求される可能性があります。

いくら安くても即決せずに再見積もりで詳細の項目を算出してもらう方が良いでしょう。

また、契約書についても同様に詳細に明記されている事が理想です。

特に注視するべきポイントとしては、工事内容、解体費用、工事期間を確認すると良いでしょう。

工事内容について、見積もりに準ずると記載があれば、その見積もりも書類として保管することをおすすめします。

マージンが少ない

建築会社や不動産会社など仲介業者を間に挟まず解体業者(解体工事会社)に発注する事でマージンをカットし解体費用を抑える事が出来ます。

解体業者(解体工事会社)の中にも自社で施工を行わず工事を下請けや孫請けに流す企業もあります。

そのため、自社施工するかどうかを確認すると良いでしょう。

トラブルやクレームに誠実に対応する

トラブルやクレームに対し、起きた後の対策や未然に防ぐ対策を講じている事が理想です。

保険加入の有無やトラブルやクレーム対策について、契約前にきちんと説明してもらうようにしましょう。

施主との約束を守る

納期を守る事は建築の工期などをスムーズに進めるためにもとても重要です。

質問への回答から見積もりの提出まで納期を守るかどうかを確認しましょう。

約束通りに対応してもらえる解体業者(解体工事会社)は工事着工後も同様に対応してくれる可能性が高く、安心して依頼ができるでしょう。

締め切りを守らない解体業者(解体工事会社)の場合、工期が遅れてしまう可能性があります。
十分注意して信頼の置ける解体業者(解体工事会社)を選択しましょう。

解体業者(解体工事会社)に施工依頼するときのトラブル事例

見積もり内容が曖昧

見積もりで詳細の作業内容が分かりにくい場合、工事範囲を口頭で話していたとしても、施主様と解体業者(解体工事会社)の認識の違いが生じている可能性があります。

認識のズレが発生しやすい見積もりとして項目が「解体工事 一式」など包括的な記載がされている場合に見受けられる事が多いでしょう。

撤去してはいけない物も撤去してしまったり、撤去しなければいけない物を撤去しなかったりとトラブルが起きる前に誤った工事内容で施工しないように見積もりを詳細に記載してもらい、契約までに工事内容の認識合わせをしましょう。

近隣トラブル

解体の振動、騒音が激しく、工事を止めてくれとクレームを言われたり、解体工事の振動でブロック塀にヒビが入ってしまったと言われるケースがあります。

近所からのクレームにも真摯に対応してくれたり、もし、万が一の場合に備えて、保険に加入しているかどうかも重要になってきます。

解体業者(解体工事会社)の最適価格をご提案する「くらそうね」

直接契約によりマージンを削減

施主であるお客様と工事会社が直接契約をします。

通常は、お客様と工事会社との間に元請け・孫請けの工事会社を挟むことが多く、マージンが上乗せされることが多いですが、「くらそうね」は違います。

「くらそうね」が仲介することにより、マージンを削減し、コストダウンを実現します。

相見積もりでの価格競争により、最適価格をご提案

最大10社の相見積もりを取る事が出来ます。

相見積もりにより自然と価格競争が起こるため、適正で安価な価格を実現しています。

また、「くらそうね」では、適正な価格を解体業者(解体工事会社)それぞれが提示出来るように工事会社間の談合を防いでいます。

どの解体業者(解体工事会社)がどのお客様へ紹介されたかの情報を開示していません。

信頼できる解体業者(解体工事会社)のみを紹介

反社チェックや解体工事に必要な資格を取得した企業のみを紹介しております。

「くらそうね」に解体業者(解体工事会社)が登録をする際に許可を保有しているか確認し、クリアした解体業者(解体工事会社)のみが登録できます。

また、違反を繰り返したりや反社組織との繋がりが疑わしかったりする場合は登録から排除する仕組みが備わっています。

解体業者(解体工事会社)は、第三者機関のデータベースを通じて会社情報をチェックした後に「くらそうね」でも独自調査を行っています。

この記事を書いた人

くらそうね運営

くらそうね運営

この作者の記事一覧

解体工事をお考えですか?
それなら…

  • 顧客満足度91.2%
  • 工事取扱高40憶円
  • ご相談件数50,000件以上

くらそうね解体

手配を手軽に、費用を安く!
解体工事の一括見積もりサービス

国内最大級!月間利用者数17万人以上!登録解体工事会社800社以上!
解体工事会社の見積もり比較サービス

【無料】見積もり開始

こちらの記事も読まれています

人気の記事

  1. コロナ禍の解体工事への影響による変化は?お得に解体するなら今!注意点は?
  2. 空き家を解体すべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  3. アスベスト大気汚染防止法改正時の解体工事の影響はどうなるか?
  4. アスベストの有無を築年数・築何年かで判断できますか?
  5. アスベストの撤去・除去に掛かる費用はいくらぐらいですか?
  6. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  7. 空き家などの譲渡にかかる3,000万円控除の特例
  8. 空き家は売却した方がいい? 売却しやすくするポイントや注意点を解説
  9. 亡くなった両親(父・母)が住んでいた家を壊すことになりました。未相続なのですが解体は可能ですか?
  10. 解体工事の見積もり前に現場立会いを行うメリット
  11. 抵当権のついた建物・住宅を解体できますか?
  12. 隣家の外壁がない場合、補修費用も負担する必要がありますか?
  13. 木造古民家に使われている古材を買い取ってもらえるのでしょうか?
  14. 単独・合併浄化槽の汲み取り費用はどれくらいかかるのでしょうか?
  15. 「相続した空き家の解体工事費用が他社と比べ80万円も安くなりました!」 長崎県諫早市 木造住宅の解体工事 N様
  16. 工事前の近隣あいさつ文の書式は?
  17. 契約書を交わす前に注意すべきポイントはありますか?
  18. 滅失登記の時期、方法、費用を教えてください。
  19. 解体工事をする際、登記等の手続きや申請にはどんなものがあるの?
  20. 解体業者(解体工事会社)選びのポイントと注意したいトラブルの事例

地域の解体工事事情を見る

\ 解体工事は /
「くらそうね」に
お任せください!

  • コストダウン

    工事会社と直接契約で工事費用の
    コストダウンが可能!

  • 最良の工事会社

    相見積もりで最良の工事会社
    簡単に出会える!

  • サポート窓口

    分からないことを相談できる
    サポート窓口も有り!

AIの予想金額を見る・電話相談可