解体工事のチェックポイント

解体工事を失敗しないためには、下記チェックポイントに注意して進める必要があります。
解体工事会社の選定時、解体工事前、解体工事後の3つに分けて記載しております。
どうぞご参考ください。

解体工事会社(解体屋・解体業者)を選定する際のチェックポイント

空き家や建物の解体工事会社(解体屋・解体業者)を比較する上では、解体工事範囲・養生範囲などの条件をそろえた上で見積もりを提示してもらうことが大切です。また、後で追加費用が出ないようにするために、自身の要望どおりの工事内容となっているかを慎重に確認しましょう。空き家を相続したら理解すること

  • しっかりと産廃処理をしている工事会社か確認した。
  • 工事保険の加入をしている工事会社か確認した。
  • 解体範囲が希望に合っている。(解体建物・ブロック塀・庭木・浄化槽など)
  • 解体工事期間(着工日・完工日)が希望に合っている。
  • いつ近隣挨拶を行うかを解体工事会社(解体屋・解体業者)と打ち合わせた。
  • 解体費用は工事範囲等の条件が平等な状態で比較した。
  • いつ費用を支払うかを解体工事会社(解体屋・解体業者)と打ち合わせた。
  • 市役所に解体工事の補助金が適用されるか確認した。

解体工事前のチェックポイント

着工前にはライフラインを止める手続き、近隣挨拶、工事範囲・工期のすりあわせが必要になってきます。

  • 解体着工日までに外部から接続されているもの停止する。(電気・ガス・電話・ケーブルTV・WOWOW等)※水道以外は撤去する必要があります。
  • 解体着工日までに浄化槽・便槽の汲み取り手続きをした。
  • 解体着工日までに住宅内の電化製品・家具を撤去した。
  • 近隣挨拶をした。(出来れば近所5件程度は一緒にまわると、より良いです。)
  • 建て替えの場合は解体詳細(範囲・期間・施工業者の連絡先)を建築会社の担当者に伝えた。(出来れば解体工事会社(解体屋・解体業者)・建築会社同席で現場立会いが出来るとベスト!)
  • 滅失登記をどちらで行うかを建築会社の担当者に伝えた。

解体工事後のチェックポイント

工事後は、ちゃんと契約どおりの工事が行われたかを確認するのが最重要ポイントです。他にも漏れなく行って、すっきりと終われるようにしましょう。

  • 工事範囲が契約内容と相違ないか確認した。
  • 工事完了にあたり、隣接物に破損がないかを確認した。
  • 近隣挨拶をした。(新築工事を伴う際には、新築工事後で良いです。)
  • 解体工事の費用を支払った。
  • 取り壊し証明書を受け取った。
  • 滅失登記を完了した。
  • マニフェストの写しを受け取った。

この記事を書いた人

くらそうね運営

くらそうね運営

この作者の記事一覧

口コミの良い解体工事会社に
無料一括見積依頼しませんか?

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00