「一般廃棄物」とは何ですか?


                 

1970年に定められてた廃棄物処理法の対象となる廃棄物のうち、産業活動によって排出される産業廃棄物以外のもので、家庭から出るごみと事業者から出る廃棄物以外のごみのこと。

産業廃棄物は事業活動によって排出されたゴミの内、廃棄物処理法で定められたもののことを指すので、事業者から出たゴミであっても、法律で定められたもの以外は一般廃棄物となる。

例えば、解体工事で出た木くずや金属くずは産業廃棄物になるが、自分で家を解体した場合の木くず・金属くずは一般廃棄物とみなされる。また、解体業者がオフィスで使ったコピー用紙なども同じく一般廃棄物とみなされる。

一般廃棄物の収集運搬と処理は市町村に処理責任があり、市町村が自ら行うことが原則となっている。

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

解体費用の相場を手軽に
シミュレーションしませんか?

  • クラッソーネでは無料でご利用いただける解体費用シミュレーター
    提供しています!
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出!
  • 予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽と
    いった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能
    ですので、是非ご活用ください!

  都道府県別に解体工事会社と解体費用相場を見る