請負契約の手続きにかかる時間は?

                 

解体工事をするにあたり、依頼する業者を決めました。これから契約の手続きを行いますが、できれば仕事の合間に済ませてしまいたいと思っています。解体工事の請負契約には一般的にどれくらいの時間がかかるものでしょうか。

1時間以内に終わることが多いといえます。心配な場合は、業者に確認して下さい。

1時間以内が一般的

契約書の書式や工事内容、担当者の説明姿勢にもよりますが、1時間以内に終わるのが一般的であるといえます。契約時にされる説明の一般的な例を紹介します。

工事内容

工事の内容。見積書と合致しているかの確認。

工事住所

工事対象の建物がある住所。

工期

工事にかかる期間。着工日、完了予定日。

工事金額

工事にかかる金額。見積書と合致しているかの確認。

支払い方法

支払いの方法とタイミング。

別途費用の可能性

見積金額以外に、費用が発生する可能性。申請手続き、地中埋設物処分など。

キャンセル要件

キャンセルが認められる要件と時期、違約金の有無。

その他、約款内容

約款が存在する場合は、その内容について。

今後の流れ

契約後の流れ。近隣あいさつ、着工前立ち会い、ライフラインの撤去手続き、完了後の立ち会いなど。

事前に契約書を見せてもらうと時間短縮

契約書の説明が主となりますので、事前に契約書のコピーをもらうなどして、内容を確認しておくと時間短縮につながります。疑問点などは事前にまとめておけば、業者に効率よく聞くことができますので、あまり時間を取りたくない時にはお勧めの方法です。

心配な場合は業者に確認

一般例をお話ししましたが、冒頭にご紹介したように契約にかかる時間は、業者によっても異なります。仕事の合間や、後に予定が控えている場合など、時間が心配な場合には事前に担当者に確認をしていただくと良いでしょう。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00