1. HOME
  2. 解体工事のよくある質問
  3. 工事中・工事方法
  4. 重機・車両
  5. 解体工事中は重機を現場に置きっぱなしにするものなのでしょうか?

解体工事中は重機を現場に置きっぱなしにするものなのでしょうか?


                 

現在解体工事中ですが、夜間や休日など、作業時間以外に重機が現場に置きっぱなしになっています。作業が終われば事務所に重機を持ち帰るものと思っていましたが、これは一般的なのでしょうか。依頼側として何か実質的な問題があるわけではないのですが、ずさんな業者というわけではないのでしょうか。

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

解体費用の相場を手軽に
シミュレーションしませんか?

  • クラッソーネでは無料でご利用いただける解体費用シミュレーター
    提供しています!
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出!
  • 予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽と
    いった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能
    ですので、是非ご活用ください!

一般的です。経費削減の観点からも合理的といえます。

重機を動かすのには余分な費用がかかる

解体工事に使用する重機を動かす場合、重機を自走させて公道を走行するのではなく、トラックやトレーラーに積んで重機を運ぶ必要があります。重機のトレーラーへの積み降ろしは重機の操縦免許を持つ作業員が必要となりますし、トレーラーの移動にも特殊な運転免許を有した運転手の確保が求められます。又、時間やガソリン代も余分に係るため、毎日重機を持ち帰るとことは合理的ではありません。

経費を減らすことで解体費用を削減できる

無駄な経費を削減することにより、割高な見積もりになることを防ぐことができます。重機を現場に置くことは、業者だけでなく施主にとってもメリットのあることです。

盗難防止の配慮が必要

ただし、解体工事会社は重機が盗難の被害に遭わないように配慮する必要があります。キーを差したまま重機を放置しておくことは盗難の可能性が高まり、万が一盗難が発生した時には工事の遅延や被害届の提出など余分な事柄が増え、施主の時間を奪ったり迷惑をかけることになります。他にも、無免許の人間が勝手に重機を運転できてしまうような状況を作り出すことは危険といえます。

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

解体費用の相場を手軽に
シミュレーションしませんか?

  • クラッソーネでは無料でご利用いただける解体費用シミュレーター
    提供しています!
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出!
  • 予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽と
    いった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能
    ですので、是非ご活用ください!

  都道府県別に解体工事会社と解体費用相場を見る