1. HOME
  2. 解体工事のよくある質問
  3. 解体建物・廃棄物・素材
  4. 不要品
  5. 解体工事会社が不用品を回収するのは合法ですか?違法ですか?

解体工事会社が不用品を回収するのは合法ですか?違法ですか?


                 

解体工事をするにあたり、解体業者が家の中の不用品を持っていってくれると言っていました。工事で出る産業廃棄物と、一般家庭から出す一般廃棄物では処分に必要な許可が異なると聞きましたが、解体業者が一般家庭の廃棄物を処分するのは法律的に問題ないでしょうか?お願いしてしまって大丈夫でしょうか?

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

解体費用の相場を手軽に
シミュレーションしませんか?

  • クラッソーネでは無料でご利用いただける解体費用シミュレーター
    提供しています!
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出!
  • 予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽と
    いった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能
    ですので、是非ご活用ください!

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っているか、一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託をするのであれば合法です。

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っている場合

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っている場合、合法的に不用品の処分が行えます。ご指摘いただいているように、産業廃棄物収集運搬業許可と一般廃棄物収集運搬業許可はまったく異なる許可です。解体に伴う廃材が産業廃棄物であるのに対し、家財は一般廃棄物にあたるため、一般廃棄物用の許可が必要となります。業者が許可を保有しているのであれば、問題なく撤去は可能です。

一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託をする場合

解体工事会社が一般廃棄物の許可を持っていなくても、不用品の処分を一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託をする場合には、合法に作業は行えます。収集運搬という作業は、現地で廃棄物をトラックに積み込んだ後の作業を指しますので、不用品を委託先業者のトラックまで積み込む作業は解体工事会社が行い、その後は委託先に任せるという方法であれば法律的な問題はありません。

違法となるケース

解体工事会社が一般廃棄物収集運搬業許可を持っていないにも拘わらず、不用品の回収を行ったり、一般廃棄物を産業廃棄物として処理することは、廃棄物処理法違反となります。解体時に解体工事会社がタンス等の木製品を建築廃材に混ぜて処分することが慣例的に行われてしまっているのですが、厳密には違法行為にあたるのでご注意下さい。

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

解体費用の相場を手軽に
シミュレーションしませんか?

  • クラッソーネでは無料でご利用いただける解体費用シミュレーター
    提供しています!
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出!
  • 予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽と
    いった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能
    ですので、是非ご活用ください!

  都道府県別に解体工事会社と解体費用相場を見る