1. HOME
  2. 解体工事のよくある質問
  3. 工事の進め方
  4. 解体工事会社の選び方・依頼方法
  5. 複数の解体工事会社から相見積りをしても良いでしょうか?

複数の解体工事会社から相見積りをしても良いでしょうか?

                 

自宅の取り壊しを検討しています。引っ越し業者にもいろいろな業態の業者がいて金額もサービスもバラバラなように、解体工事についてもいろいろな業者がいると思います。サービス面や金額面などで納得いく業者を探したいのですが、解体業者を選ぶにあたって、相見積りを取っても大丈夫でしょうか?

多くの場合、問題ありません。今日では相見積りが一般的なため、ほとんどの業者が相見積りに理解を示しています。しかし中には、「相見積りお断り」という業者も存在しているため、見積り依頼時に確認しておくと良いでしょう。

相見積りは当たり前

今日では解体工事の相見積りは一般的となっています。解体工事を行う施主の9割以上が、2社以上の解体工事会社から見積りを取り、条件の比較を行った上で発注を行っています。質問者様は「相見積りをしたら業者に悪いのではないか」という気持ちをお持ちかもしれませんが、自由な価格競争の元、良い条件を引き出すためには大切ですので、気兼ねなく相見積りを行っていただくと良いでしょう

多くの業者が理解

施主の気持ちを酌んでほとんどの業者が相見積りに対して理解を示しています。10社、20社ともなると話しは別ですが、2〜3社程度であれば「今の時代、比較をされるのは当たり前のこと」、「お客さんの気持ちを考えれば当然のこと」として、認識してもらえることがほとんどです。

中にはお断りの業者も

しかし解体工事会社の中には、「相見積りお断り」という姿勢を打ち出している業者もいます。「うちだって経費が掛かっているんだから、信頼して依頼をして欲しい」という昔気質の解体工事会社です。見積もりに関しては施主と業者のお互いの合意の元、行われるものなので、善し悪しの言及は避けますが念のためにそのような業者が存在することも知っておくと良いでしょう。

見積り依頼時に確認を

業者との摩擦をなくすために、見積り依頼をする時点で相見積りが可能かどうかを事前に確認しておけば、後々断ることになったとしても断りやすいはずです。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00