1. HOME
  2. 解体工事のよくある質問
  3. 解体工事後
  4. 苦情・工事のやり直し・返金
  5. 工事の仕上がり・整地が雑だった場合の対処は?

工事の仕上がり・整地が雑だった場合の対処は?

                 

家の取り壊しを終え、現場を確認してみたら細かいコンクリート屑や建材の残骸が残っていたり、地面も凸凹のままです。土だけが残り、表面も綺麗に平らな状態で仕上がると思っていたので、想定外でした。綺麗にしてほしいと業者にクレームを言ってもいいのでしょうか。

要望を伝えていただくことに問題はありませんが、受け入れられるかどうかは要求の程度と、解体工事会社の姿勢によります。

契約の内容に沿っているかがポイント

今回のご相談は工事の仕上がりに納得がいかないという内容ですが、やり直しを受け入れてもらえるかどうかは契約内容に沿ったものであれば、という点がポイントです。

コンクリートガラくずの取り残し

解体工事の請負契約は、該当の建物を撤去するという内容ですので、コンクリートガラは建物の破片であれば解体工事会社が撤去すべきである、という解釈はできます。優良な解体工事会社であれば人の手でガラを拾ったり、ふるいにかけるなどして細かいくずまで取り除いてくれるでしょう。ただし、コンクリートくずが以前からあったものの場合は、施主から特別に指示をしない限りは見積もりに含まれていないことが多いと思われます。また、残っていたくずがふるいにもかからないような非常に細かいものであった場合は、取り除くことが技術的に困難であるため、解体方法に大きな過失がない限りは免責となることが予想されます。

地面の凸凹

解体後の整地を行うことは慣例として一般的ですが、どの程度美しく行うかは解体工事会社の裁量に委ねられています。整地の程度に関して契約書にうたうことはごく希ですので、慣例からあまりにも外れるような状況ではない限りは、解体工事会社が顧客満足という観点でのやり直しをするかどうかの判断になります。ちなみに整地をするには、解体工事に使用した重機を使って行う程度です。

土が掘り返されたせいで、ぬかるんだ

解体工事を行うと、基礎を撤去する際に地面を掘り返すことで粘着性の高い赤土が出てくることもあります。通常の整地では赤土は表面に残ったままですので、雨の日にぬかるんでしまうことがあります。これを解消するためには、表層用の新しい土を入れる方法がありますが、契約内容に含まれているかどうかは地域の慣習によります。関西地方では、工事後に真砂土という山砂を入れて仕上げを行うことが多いため見積もりに含まれていることがありますが、それ以外の地域では一般的でないため、追加費用が発生することが考えられます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00