造成工事はどんな会社に依頼をすべきですか?


                 

傾斜のある土地に住宅を建てるため、土地の造成工事を考えています。現在は物置が建っているため、その解体をしてから造成工事に入るのですが、この場合は土木業者、解体業者、外構業者の中のどこに依頼をするのがベストでしょうか?

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

解体費用の相場を手軽に
シミュレーションしませんか?

  • クラッソーネでは無料でご利用いただける解体費用シミュレーター
    提供しています!
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出!
  • 予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽と
    いった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能
    ですので、是非ご活用ください!

大規模なものであれば土木業者へ依頼し、小規模なものであれば解体工事会社や外構業者に依頼をすればよいでしょう。

大規模なら土木業者

造成する土地の面積が100坪以上にわたったり、土の高低を1m近く変更する場合には土木業者に依頼をすると良いでしょう。大規模な造成の場合には、ブルドーザーのような専用の大型重機が必要です。解体工事会社や外構業者がブルドーザーを所有していることはありませんし、大型の造成経験も乏しい可能性が高いです。彼らの保有する小型重機では、工事を完了するまでに途方もない時間が掛かることが予想されます。経験豊富な土木業者が依頼先として適切です。

小規模なら解体工事会社・外構業者

造成する土地が住宅用地であったり、駐車場の漉き取りのような小規模な工事であれば、解体工事会社や外構業者に依頼をすると良いでしょう。両者が保有する小型のシャベルは小回りがきくため、小規模な造成に適しています。土木業者ですと、あまり小規模な工事ですと工事を断られてしまうこともありますので、やはり解体工事会社・外構業者が適任です。建物の解体工事や庭の外構工事を併せて行う予定があれば、それらに使う重機を流用して造成に使うことができるため、なお更コストダウンにつながる可能性があります。

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

解体費用の相場を手軽に
シミュレーションしませんか?

  • クラッソーネでは無料でご利用いただける解体費用シミュレーター
    提供しています!
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出!
  • 予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽と
    いった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能
    ですので、是非ご活用ください!

  都道府県別に解体工事会社と解体費用相場を見る