滋賀県版

国土交通省空き家対策モデル事業採択 解体費用シミュレーター 提供:株式会社クラッソーネ

本シミュレーターはInternet Explorer(閲覧ソフト)非対応です。別のブラウザをお使い下さい。

建物情報の選択のみで、すぐに相場が分かります

京都市では、京都市京町家の保全及び継承に関する条例(京町家条例)を制定し、京都らしい町並み景観・生活文化の象徴である京町家を未来に継承するための取組を進めています。
一見京町家に見えない建物でも、京町家に該当する場合がありますので、詳しくは、京町家の定義を御確認ください。(建築年については、法務局の閉鎖登記簿(有料)を取得いただくと記載されている場合があります)

京町家の定義とは

詳細はこちらをご覧ください。

京町家条例による義務付けについて

京町家条例では、次のとおり、所有者に対して京町家を解体する際の届出を義務付けていますので、解体する場合は、京都市への届出をお願いいたします。

  1. 市内の全京町家への解体に着手する前の届出(努力)
  2. 個別指定及び指定地区内の京町家への解体に着手する日の1年前までの届出(※)
    • 個別指定及び指定地区内の京町家とは => 詳細はこちらをご覧ください。
    • 解体届とは => 詳細はこちらをご覧ください。
※違反して個別指定京町家を解体した場合、5万円以下の過料が科されます。

京町家の保全・継承のための支援制度について

京都市では、京町家を保全・継承いただくための様々な支援制度を設けています。京町家に関してお悩みがあれば、是非御相談ください
※詳しくは、京都市京町家の総合情報サイト「京町家を未来へ」をご覧ください。

解体を検討している建物の種類は何ですか?
  • 一戸建て住宅
  • アパート
  • マンション
  • ビル
  • 長屋
  • その他(倉庫,蔵,車庫)
サービス提供