1. HOME
  2. 解体工事お役立ち情報
  3. 解体工事会社の選び方
  4. 未分類
  5. 【後編】解体費用が高騰するケースとは?!

【後編】解体費用が高騰するケースとは?!


「壊すだけの工事なんだから、できるだけ費用はかけたくない!」というのは、皆さん同じ。

でも中には、相場よりも解体費用が高くなってしまう建物があるのも事実です。

「え?うちの空き家…当てはまるのかな?」という方に、解体費用が高くなってしまうケースをご紹介しているシリーズの後編になります。

前編では、

損傷が激しい建物

火災の跡がある建物

をご紹介しました。

これらは、建築リサイクル法に沿った処分ができないので、処分費用が相場よりも高くなってしまうというもの。

後編では、建物に少し特殊な素材を使っていたり、特殊な環境に建っているケースをご紹介していきたいと思います。

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

重機が使えない現場

建物自体には費用が上がる要因はなくても、その立地によっては費用が高くなる場合があります。

工事現場でよく見かける、このような重機。

この重機で公道を走って現場まで行くわけではなく、基本的にはダンプカーにこの重機を乗せて現場まで持っていきます。

重機自体はそれほど大型ではありませんが、これを乗せていくダンプカーが入れないような細い路地の先にある現場では、重機が運び込めないので使えないということになります。

また、隣家や前面道路までの余裕がほとんどなく、住宅が密集しているような現場では、重機を使うスペースが確保できません。この場合も重機ではなく手作業での解体作業となります。

解体工事というのは、手作業でひとつひとつ壊していくよりも重機で一気に壊せるほうが人件費がかからず安くなりますので、「重機が使えない=高くなる」ということになります。

アスベストを含んだ建物

発がん性物質ということが確認されて以来、現在では使用が禁止されているアスベスト。

「え?アスベストなんて大昔に使われていたものでしょ?あんなのうちの空き家に使われてないでしょ」

と思われる方も多いかもしれません。

アスベストというのは安価で丈夫な建材ということで、意外にも2006年まで一般家屋の外壁材や屋根材、接着剤など、多岐にわたって使用されていました。

現在、空き家となって解体を待つ建物は、2006年以前に建てられたものが多いと思います。

かといって2006年以前の建物すべてに必ずアスベストが使用されているわけではないので、まずは解体工事会社にしっかりチェックしてもらいましょう。

もし、アスベストの存在が確認された場合は、アスベスト用の処置を施しながらの解体作業となりますので、解体費用は高くなっていきます。

おまけ–地中埋設物の発見–

解体工事において最も厄介と言っていいのが、地中埋設物。

なぜなら、「掘ってみないと分からない」から。

地中埋設物とは、例えば大量の瓦やがれき、昔の住人が使っていた浄化槽や古井戸、住宅の基礎などです。

解体工事に関する法整備が甘かった数十年前までは、このように撤去や廃棄の面倒なものは、費用をカットするために「埋めて隠してしまう」なんてことがしょっちゅう行われていました。

もし、実際に地中埋設物が出てきてしまった場合は、当然ながら追加費用が発生します。

でも、「掘ってみないと分からないのに、どうしたらいいの?」と非常に不安になりますよね。

解体前にできることは、工事を始める前にきちんと工事会社と「もし地中埋設物が出てきた場合、いくらくらいの追加費用が発生するのか」というのをしっかり話し合っておくことが大切です。

とにかくお早めのお見積りがオススメ

解体費用が高くなってしまう要因として、

損傷が激しい建物

火災の跡がある建物

重機が使えない現場

アスベストを含んだ建物

地中埋設物の発見

この5点についてご説明してきました。この他にも、立地条件や建物の種類によって解体費用は左右されます。

特に①と②に関しては放置すればするほど費用上昇のリスクは上がり、それに加えて廃棄物の処分費用の高騰、深刻な職人不足による人件費の上昇などもあり、とにかく「解体工事はなるべく早く」と言えます。

売ったり貸したりできない空き家なら、解体費用が上がってしまう前に片付けてしまうのが最もお得な方法と言えそうですね。

この記事を書いた人

クラッソーネ運営

クラッソーネ運営

この作者の記事一覧

解体工事のお悩みをクラッソーネが解決します!

  • 近隣に迷惑を掛けずに、解体工事を行いたい。
  • 信頼できる解体工事会社を見つけたい。
  • 価格が適正なのか見極めたい。

クラッソーネなら、複数の工事会社に見積もりを一括で取ることができ、
価格が適正なのか、相談することができます。
独自の安心保証制度があるため、万が一のトラブルにも対応できます。
不安を解消し、安心して解体工事をすることが可能なため、是非ご相談ください。

  都道府県別に解体工事会社と解体費用相場を見る

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00