大徳住建株式会社の会社情報、口コミ、評判

特徴

  • 工事前の近隣挨拶を必ず実施
  • 創業10年以上
  • 木造対応可
  • 鉄骨造対応可
  • RC造対応可
  • 火災物件対応可
  • 不用品撤去対応可
  • アスベスト含有建材撤去対応可
  • 吹付アスベスト撤去対応可
  • ブロック塀撤去対応可
  • 造成工事対応可
  • 5年以上無事故
  • 10年以上無事故
  • 5年以上無違反
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

総合

-

応対マナー
0.0
追加費用
0.0
工事品質
0.0
工期順守
0.0
近隣配慮
0.0

各項目について

各項目は、実際に工事会社で工事を行ったお客様の評価の平均値が表示されています。

応対マナー
言葉遣いや身だしなみに対する評価です。
追加費用
契約後の追加費用の有無や納得度に対する評価です。
工事品質
工事の仕上がりや工事範囲に対する評価です。
工期順守
工期順守や変更時の納得度に対する評価です。
近隣配慮
挨拶や清掃といった近隣配慮に対する評価です。
社名大徳住建株式会社
所在地大阪府守口市桃町1‐1
代表者名千葉 智博
営業日・時間月~金 8:30~18:30 
電話番号06-7897-7056
資本金100万円
設立年月日2009年04月16日
従業員数4名

アピールポイント

解体工事から土地活用まで一括請け負い

弊社は解体事業のほかに、不動産事業も展開している会社です。解体後のお土地を駐車場として貸したい、売りに出したいなどのご要望はもちろん、どのように活用していくのが有効かというご相談もお受けしております。お客様目線でベストな方法をご提案させていただきます。
解体工事をした後の土地活用まで、すべて弊社の窓口で一括して承ることができ、お客様のお手間を大きく省くことができます。
ご不明点・ご不満点、ご要望など、なんでもご相談していただけるよう、接客態度にも留意して顧客満足度を常に意識したご対応を心がけております。解体に関するご相談も不動産に関するご相談も、お気軽にお声がけください。

近隣挨拶は弊社スタッフが丁寧に行います

工事現場というのはどんなに気を付けていても大きな音が出てしまったり、粉じんが舞ったり、大きな重機が出入りするなど、近隣の皆さまのご協力なしにはできないものです。できるだけ短い工期で工事を終え、我慢していただく期間を短くするよう努めておりますが、その姿勢をしっかりと周囲の皆様へご説明しておくことが、トラブルを避ける最も重要なプロセスとなります。
弊社では工事前に担当者が必ずご近所に出向き、丁寧に工事のご説明をして、ご理解をいただけるように努めます。
前面道路をご通行する皆さまにもご迷惑がかからないよう、細心の注意を払ってまいりますので、作業以外の面でも工事をしっかりフォローさせていただきます。

代表自らが迅速にご対応

弊社では、ご相談を頂いて現場でお立会いをしてお見積りを作成、そして現場に関するお問い合わせまで、代表が責任をもって対応いたしております。細かなことでも遠慮なくなんでも代表にお声がけいただけるような態勢を整えておりますので、安心して弊社にお任せください。
お客様からのご質問やご要望の連絡にもできるだけすぐのご返答を心がけており、お客様をお待たせすることなく解体工事が進捗していけるよう努めています。無駄のないプロフェッショナルな工事を実施するため、常にお客様の立場に立って考えられる優良工事会社でありたい。そのような思いで日々努力を重ねております。

口コミ一覧
口コミはまだありません。

国内最大級

  • 月間サイト訪問者数20万ユーザー
  • 登録解体工事会社1,500社以上
顧客満足度96.7%
平均費用削減率18.4%
工事契約実績10,000件

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載